北海道銀行住宅ローン

北海道銀行住宅ローンにかかる諸経費をモデルケースで算出してみました!

こちらでは、

 

北海道銀行の住宅ローンにかかる諸費用についてみてみましょう。

 

 

北海道銀行では、様々な住宅ローンがあります。

 

北海道銀行のWEBサイトで提供されている各種ローンシミュレーションによって、ローン条件を入力すると、返済額を試算してくれます。

 

他の金融機関では、シミュレーションに付随してローン関連の諸費用の概算も提示してくれるところが多いですが、北海道銀行のシミュレーションサイトでは、諸費用の概算は行なってくれません。

 

そこで、住宅ローン関連で記載されている情報から、北海道銀行の住宅ローンで必要となる諸費用を見積もってみたいと思います。

 

 

モデルケースとして、最も一般的な『道銀住宅ローン』を利用して、

 

借り入れ金額3000万円、
ボーナス返済なし、
返済期間35年

 

の住宅ローンを組むと仮定します。

 

住宅ローン関連の諸費用の概算結果は以下のとおりです。

 

 

 保証料

 

北海道銀行の住宅ローンでは、道銀カード(株)による保障を受けなければなりません。

 

保障を受けることにより、連帯保証人をローン債務者がたてる必要がなくなります。

 

そのかわり、保証料を保証会社に支払わなければなりません。

 

保証料は借り入れ金額や返済期間などによって変化しますが、保証会社による住宅ローンの審査結果によっても変わります。

 

 

モデルケースの場合で、必要となる保証料を概算してみます。道銀カード(株)の場合、保証料率が0.1%~0.2%に設定されており、保証料は30万9660円~61万9740円となります。

 

 

なお、道銀住宅ローン《全国保証口》(住まいる いちばん)では、全国保証(株)による保障を受けることになりますが、全国保証(株)の保証料は、前述の道銀カード(株)より高く設定されており、モデルケースの場合、通常保証料が64万1340円となります。

 

 

 取り扱い手数料

 

北海道銀行へ、住宅ローンに関する取り扱い手数料を支払わなければなりません。

 

金額は、新築・中古ご購入・リフォーム等の場合2万6250円、住宅ローンの借り換えの場合4万7250円となっています。

 

 

 印紙税

 

住宅ローンを組むためには、金銭消費貸借契約書という契約書を取り交わす必要がありますが、ローン金額に応じて、印紙税を納税しなければなりません。

 

ローン金額が1000万円から5000万円の場合には、印紙税額は2万円となっています。

 

 

 抵当権設定費用

 

土地や住宅を購入した時には、一般に引渡しを受けると同時に登記を行います。

 

この時に登録免許税を支払う必要があります。

 

また、登記を代行してもらうために司法書士報酬を支払わなければなりません。

 

北海道銀行のWEBサイトでは、これらの費用について具体的な数値は提示されていませんが、一般的な金融機関の見積から算定するとおよそ12万円程度は必要になるものと思われます。

 

住宅ローン金利一覧で比較!2017年金利上がる?【フラット35】
住宅ローン金利を一覧表で比較すると様々なことがわかります。住宅ローン借り入れを検討中のあなたに、これまでの推移と今後の動向予測から今最もおすすめの銀行をご紹介します!
www.jyutakukinriitiran.com/

 

以上を合計すると、モデルケースの場合に支払う諸費用として、最低でも47万5910円が必要になります。