北海道銀行住宅ローン

住宅ローンの失敗しない選び方とは?

 

 

北海道銀行の住宅ローンの特徴やメリットとは?

はじめに、北海道銀行の住宅ローンについて、特徴やメリット・デメリットなどからお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

北海道銀行は、北海道札幌市に本店を置くいわゆる地方銀行で、通称「道銀(どうぎん)」や「どさんこバンク」と呼ばれています。

 

 

北海道銀行の歴史は、1891年に設立された屯田銀行と1894年に設立された余市銀行までさかのぼります。

 

両銀行が合併して北海道商業銀行となります。その後、紆余曲折を経て1951年に北海道銀行が発足しました。

 

北海道銀行は、北海道を中心に支店網を構築し、1997年に経営破綻した北海道拓殖銀行に次ぐ第2位の地方銀行として、北海道の経済発展に重要な地位を占めています。

 

 

北海道銀行では、非常に多くの種類の住宅ローンを提供しています。
以下に、提供している住宅ローンの種類を列挙します。

道銀住宅ローン
(新築・建売購入・マンション購入・中古購入・リフォーム・借換プラン)

  最も一般的な住宅ローンです。


 

道銀住宅ローン
(住まい建て替えプラン)

  現在、住宅ローンを返済している状態で、住宅を建て替える人を対象にした住宅ローンです。


 

道銀住宅ローン
(住まい住み替えプラン)

  現在、住宅ローンを返済している状態で、住宅ローンの返済中に別の住宅へ住
  み替える人を対象にした住宅ローンです。


 

道銀住宅ローン
《全国保証口》(住まいる いちばん)


 

 

道銀住宅ローン
金利内保証料方式

  保証会社へ支払う保証金を一括前払いとせず、月々の住宅ローン返済に含め
  るタイプの住宅ローンです。ローン開始時の諸費用を抑えることができます。


 

道銀住宅ローンスペシャルNEO
【新築タイプ・借り換えタイプ】

  全期間固定金利型の住宅ローンです。


 

道銀住宅ローン「リラ」
  主たる債務者が女性の場合を対象にした住宅ローンです。


 

 

ワイドカバー団信付き住宅ローン
  肝機能障害・高血圧症・糖尿病などの既往病がある人でも、団体信用生命保険<br />  に加入できる住宅ローンです。


 

フラット35
  住宅金融支援機構と提携した住宅ローンで、住宅ローンの返済期間中、住宅ロ
  ーン金利が変化しない、長期固定金利型をかなり低い金利で提供しています。


 

 

また、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンを対象とした借り換えプランとして、「道銀無担保借換ローン」という無担保のローンも提供しています。

 

また、一般の住宅ローンは、基本的にローン債務者が住むための住宅が対象ですが、賃貸物件の建築や購入に利用できる「アパートローン」も提供しています。

北海道銀行住宅ローンはどんな人に向いているのか?

こちらでは、

 

北海道銀行の住宅ローンには、どのようなメリットがあり、どのような人に向いているのか考えてみましょう。

 

 

【地域に密着したサービス】

 

北海道銀行はいわゆる地方銀行で、本店のある札幌市を中心に、北海道に密着したサービスを展開しています。

 

北海道に在住している人にとっては、大手都市銀行やネット銀行以外に住宅ローンを検討する金融機関として、有力な候補の一つだと思われます。

 

 

【様々な住宅ローン】

 

北海道銀行が提供している住宅ローンは、一般的な道銀住宅ローンに加えて、建て替えや住み替えを対象にしたもの、女性を対象にしたもの、道銀住宅ローンスペシャルNEO、フラット35など、非常に多くの種類があります。

 

また、固定金利選択型(変動金利・一定期間固定金利)、変動金利キャップ型、融資期間別固定金利型などの金利タイプが用意されています。

 

従って、自分にあった住宅ローンが選びやすくなっているといえます。

 

 

【2段階固定金利型】

 

道銀住宅ローンスペシャルNEOでは、当初10年間と11年目以降で住宅ローン金利が異なりますが、ローン開始当初に両者の金利が固定される、2段階の固定金利型という金利タイプになっています。

 

特に当初10年間は、一般的な長期固定金利型の住宅ローン金利に比べて、かなり低い住宅ローン金利が設定されています。

 

計画的に住宅ローン返済を行い人、また、市場の金利上昇リスクを排除したい人にお勧めです。

 

 

【幅広い住宅ローンの対象住宅】

 

一般の住宅ローンでは、本人が住居する住宅の購入・リフォーム・住宅ローンの借り換えなどが融資対象になっています。

 

しかし、北海道銀行では、家族住居用のいわゆるセカンドハウスや、賃貸しを目的とする住宅についても住宅ローンの対象となっています。

 

一般の金融機関ではセカンドハウスローンを提供していたとしても、住宅ローンよりも高い金利を設定しているところがほとんどです。

 

従って、これらの用途で住宅ローンを組みたい人に北海道銀行はお勧めです。

 

 

【8疾病保障の保証料が無料】

 

一般の金融機関では、団体信用生命保険の保険料については、金融機関側が支払いますが、3大疾病や8つの疾病に対する特約部分については、住宅ローン金利への上乗せという形でローン債務者が支払わなければなりません。

 

しかし、北海道銀行では、2012年12月29日までの申し込み分について、8疾病保障をつけても住宅ローン金利への上乗せはなく、北海道銀行側が保険料を負担します。

 

従って、万一に備えた幅広い保障をつけたい人にお勧めです。

 

 

つまり、以上のことをまとめると…

 

 

 


北海道銀行住宅ローン借り換えのメリットとデメリットは?

皆さんは北海道銀行住宅ローンを契約する際に頭金を支払いましたか?

中には頭金を払わずに組む人もいるかもしれませんがそうすると毎月の返済額が高くなるのが悩みどころです。

そういった悩みを解消するのに返済額を減らそうと北海道銀行住宅ローン借り換える方もいます。

「1度ローンを組めたから借り換え審査も大丈夫」と考えている方もいるようですが審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初に申し込んだ審査の時よりも物件の担保評価額が中古扱いになり価値が下が流ので予定していた金額で借入れできないことや年収に対してローン返済額が増えているということで引っかかるようです。

年収や職場が大きく変わっていなくてもこういった面で引っかかることがあります。

いきなりですが皆さんは北海道銀行住宅ローン借り換えを行ったことがありますか?多くの人は行った経験がないはずです。

借り換えをする際の流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローン内容や状況を再確認することです。

銀行のHPにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総費用を確認してみましょう。

シミュレーション後は借入銀行探しです。

金利以外にも保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合うローンが見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったらその中から条件のいい銀行を選びましょう。

今のローンよりも金利条件のいいローンへ変更する北海道銀行住宅ローン借り換えですが、申し込みを行うに際して色々と必要なものが多いです。

その際、必要な書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の北海道銀行住宅ローン返済予定表や免許証などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる書類、3つ目は重要事項説明書などの不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先・役所で取得する書類は用意しやすいですが登記簿などは業者への連絡など時間がかかりやすいです。

金融機関によっては必要な書類が変わってくるので別の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

申し込みが通ったほとんどの人が得すると言われる北海道銀行住宅ローン借り換えですがローンの借り換えはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年から申し込みできる場合もあるようですが、例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件では、申込日前日までの1年間返済を問題なく続けている方という項目があります。

他の銀行機関もほぼ同様の審査基準と考えたほうが良いです。

また、北海道銀行住宅ローンの借り換えには借り換え手数料が必要になったり担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくい可能性はあります。

新規の借入時よりも金利が下がっている場合はメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に考えましょう。

北海道銀行住宅ローンを初めて組む際に心配なのが「自動車ローンを組んでいても北海道銀行住宅ローンは利用できるの?」という内容です。

結論から言えば出来ます。

しかし銀行は年収によって個人別にローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が北海道銀行住宅ローンの借入可能額を圧迫する可能性があります。

当然ですが、自動車ローンを毎月ちゃんと返済していないとそもそもローンの借入は通らないので気をつけてください。

これは北海道銀行住宅ローン借り換えの審査でも気をつけるべきポイントです。

稀に、不動産業者側から現在残っている自動車ローンを北海道銀行住宅ローンと一緒にしましょうと提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

月々のローンの支払額を低くしようと思い、住宅ローン借り換えを考えることがあります。

では、その場合、今までの火災保険は継続できるのでしょうか。

現在借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える場合は別の保険への加入を検討するいいチャンスです。

もし、そのまま継続するのなら保険金の見直しもしておきましょう。

その理由としては、火災保険は契約後に保険金額が適切な金額になっている必要があります。

借り換えのタイミングで見直してはいかがでしょうか。

参考:http://www.homeloan-guide.net/

北海道銀行住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行に返済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入している銀行の承諾は必要ないので理論上では100回でも借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、借り換えを行う理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

では、どんな時期に借り換えをすると良いのでしょうか。

正直なところ、ベストな時期は誰にもわかりません。

なぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは予測不可能だからです。

そのため、借り換えの時期とよく言われているのが借り換えメリットが月収以上になったときです。

様々なローンを検討する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利が固定か変動かではないでしょうか。

金利の数字だけを気にすると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動というように大体半年ごとに金利が変わるので場合によっては、固定の時よりも高くなってしまうなど支払額が不安定になってしまい返済計画が立てにくい面もあります。

北海道銀行住宅ローン借り換えを行う場合はおそらく変動を選ぶ方が多くなると思います。

固定制の場合は、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても心配ないというメリットもあります。

両方の中間とも言える固定期間選択制というものもあります。

家計を圧迫するとよく相談のある北海道銀行住宅ローンですが今組んでいるローンの金利から金利が低いローンへ見つかったらそちらに変えたいと思っている人もいますよね。

変える際、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

北海道銀行住宅ローン借り換えはフリーローンなどの借り換えとは違い登記などで様々な費用が発生しますので、費用を入れて計算したらあまり得しなかったということもあります。

シミュレーション時に変更するメリットがあるかを考えてから行いましょう。

借り換えを行うのによいタイミングとして言われているのが、借り換えで得する金額が月収以上になった時です。

北海道銀行住宅ローンを組んでいる際にメリットの大きい北海道銀行住宅ローン控除ですが北海道銀行住宅ローン借り換えを行った際には控除は受けられるのでしょうか。

北海道銀行住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換え時に重要なことが控除のメリットをフルに受けられるようにすることです。

重要なポイントと専門家の方も言っています。

控除をフルに活用するには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどがあります。

繰上げ返済をしない理由はローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなるからです。